ブログ

父親の遺言 「早く結婚しろ」、42歳の私は1年後の結婚

婚活情報

父親の遺言 「早く結婚しろ」、42歳の私は1年後の結婚

投稿日:

今回は「父親と私の婚活」について話をします。
私の父親は私が結婚する1年前に亡くなりました。
遺言は「お前、結婚しろ」でした。
30歳代に入って3人兄弟の一番年上の私だけが独身だったので
父親から「何歳になったら結婚するのか」と
プレッシャーを掛けられていました。
私は結婚を諦めていました42歳の時、
親父がガンであることが分かりました。
そのときの生きることを諦めない父親の姿に
もう一度婚活を始めて結婚しました。
父親の諦めない姿勢が無ければ、私は婚活を再開せずに今も独身でしょう。
私は結婚で会員本人だけでなく、家族も幸せにしたいと思っています。
『婚活しましょう。そして新しい人生を歩み始めましょう。』

YouTube動画で視聴できます。
https://youtu.be/hTCyei_WlGI

Copyright© アオキ マリッジ サポート オフィス , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.