ブログ

婚活情報

サラーリマン時代は副業で披露宴司会者/事務所倒産でギャラを貰えず

更新日:

結婚との関係(社会人)
結婚との関係(社会人編)について話をします。
大学を卒業し社会人になり、30歳の時に結婚披露宴のプロ司会者になりました。
大学のサークルの同級生が後輩と結婚するときに披露宴司会を頼まれてしたことがきっかけに
ラジオ短波のアナウンス教室、フリーアナウンサー押坂忍さんのアナウンス学校に通いました。
そして結婚式場にピアノ奏者を派遣する音楽事務所所属の披露宴司会者になりました。
目黒雅叙園では新郎新婦を見てるだけでしたが、結婚式場で新郎新婦をサポートする側になりました。
結婚披露宴前に幸せ溢れるカップルと打合せをして、結婚披露宴当日は緊張気味の新郎新婦を
私の声で披露宴進行をサポートしました。
しかし、音楽事務所の社長が不動産投資に失敗して事務所が倒産し、ギャラは半分ももらえずに
私の披露宴司会業は廃業しました。

YouTube動画で視聴できます。
https://youtu.be/fVi1cXNbkXg

Copyright© アオキ マリッジ サポート オフィス , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.