ブログ

私が30代のとき、父親は年に1回、結婚を問う、婚活が始まる

婚活情報

私が30代のとき、父親は年に1回、結婚を問う、婚活が始まる

投稿日:

私が30歳を過ぎたときから父親は結婚のことを私に聞き始めました。
「彼女はいるのか」「いつ結婚をしたいと思っているのか」
実家で父親と飲んでいるとき、年1~2回聞いてきました。
父親はさらっと聞いて「そうか」と答える位でした。
父親の聞き方にしつこいと思ったことはないし、
結婚のはなしで喧嘩になったことはありません。
結婚を意識させることが目的であったと思われます。
父親は晩婚であったので、きつく言えない面があったかもしれません。
そして私は親父が結婚した35歳のとき、
このままでは結婚できないと思い
1回目の婚活、結婚相談所に入会しました。
父親の私に対する結婚の意識づけは成功しましたが、
私は婚活に失敗し、婚活を始めて5年後、
40歳の時に結婚を諦めることになりました。
『婚活しましょう。
そして新しい人生を歩み始めましょう。』
https://youtu.be/mUrv_Klb9yM

Copyright© アオキ マリッジ サポート オフィス , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.